Guide - 社交ダンス教室 東京ボールルームダンスクラブ[荒川区日暮里]

はじめての方へ

ボールルームダンスとはボールルームダンスとは

ボールルームダンスとはいわゆる社交ダンスのことです。

社交ダンスは男女2人で踊るペアダンスです。世界には多くのペアダンスがありますが、その全てを社交ダンスと呼ぶわけではありません。

日本で社交ダンスと言うとき、一般的には「イングリッシスタイル」のペアダンスを指します。イングリッシュスタイルとはその名の通り、イギリス人によって確立されたペアダンスのスタイルです。イギリス人たちはさまざまな国で踊られていたペアダンスを紳士・淑女が踊るためのダンスとして集め、発展させました。これらはBallroom(舞踏室・舞踏場などと訳されています)で踊られていたことから「BallroomDance」と呼ばれています。私たちはイギリス人にならい、社交ダンスではなく「ボールルームダンス」と呼んでいます。

社交ダンスとは_写真
区切り線

ボールルームダンスの種類ボールルームダンスの種類

ボールルームダンスは大きく2つのカテゴリーに分類することができます。
ひとつはボールルームで、もうひとつはラテンです。

g_7

ボールルーム

ボールルームはヨーロッパの宮廷舞踏をルーツとしたダンスです。
相手と常に両腕を組んで踊るのが特徴です。

< 踊られる種目 >
ワルツ・タンゴ・スローフォックストロット(ブルース)・クイックステップ・ヴェニーズワルツ

ダンス種目の詳しい説明はこちら

ボールルームの種類_ボールルーム

ラテン

ラテンは主に南米で生まれた情熱的なダンスです。
相手と片手で組んだり離れて踊るのが特徴です。

< 踊られる種目 >
チャチャチャ・サンバ・ルンバ・パソドブレ・ジャイブ(ジルバ)

ダンス種目の詳しい説明はこちら

ボールルームの種類_ラテン
区切り線

ボールルームダンスの楽しみ方ボールルームダンスの楽しみ方

– パーティーダンスと競技ダンス-

ボールルームダンスには主に2つのスタイルがあります。
パーティーダンスと競技ダンスです。この2つは踊られる種目が違います。

g_8

パーティダンス

社交ダンスは世界共通のステップがあり、その基本ステップを覚えるだけで国や世代を問わず、初めて会った相手とでも踊ることができます。
ダンスホールやダンスパーティーなどで、お友達やそこで初めて出会った相手と踊るダンスをパーティーダンスと呼んでいます。

< パーティーダンスで主に踊られる種目 >
ブルース・ジルバ・ワルツ・タンゴ・ルンバ・チャチャチャ

ダンス種目の詳しい説明はこちら

ボールルームの種類_パーティーダンス

競技ダンス

男女2人がパートナーシップを組んで、2人だけの踊りを作り上げていくスタイルをパーティーダンスと区別して競技ダンスと呼んでいます。
競技ダンスはパーティーダンスよりもより激しくスポーティーなスタイルで、パーティーなどでデモンストレーションしたり、ダンス競技会で踊られます。
踊られる種目はボールルーム5種目とラテン5種目あり、合わせて10ダンスと呼びます。

< 競技ダンスで踊られる種目 >
▽ボールルーム5種目▽
ワルツ・タンゴ・スローフォックストロット・クイックステップ・ヴェニーズワルツ
▽ラテン5種目▽
チャチャチャ・サンバ・ルンバ・パソドブレ・ジャイブ

ダンス種目の詳しい説明はこちら

ボールルームの種類_パーティーダンス
区切り線

服装服装

ダンスの服装は踊る場面によって異なります。
「ダンスパーティーに参加するとき」「競技会で踊るとき」「レッスンを受けるとき」「これからボールルームダンスを始める方」の服装をそれぞれご紹介します。

ダンスパーティーに参加するとき

パーティーに参加するときの服装は、ホテルなどで行われる場合が多いので、綺麗にドレスアップしたいですね。

partystyle_photo
競技会で踊るとき

競技会用のドレスはボールルームとラテンでドレスが異なります。
ボールルームは男性が燕尾服を着用し、女性はゴージャスなロングドレスを身に纏います。
ラテンは男性・女性ともに、セクシーかつエレガントなドレスで華やかさを演出します。

competitionstyle(競技会で踊るとき)_ボールルーム
alt=
レッスンを受けるとき

動きやすいもので構いませんが決してラフになり過ぎないように心がけたいところです。
常に紳士淑女を目指しましょう。

Dance Lesson Style(レッスンを受けるとき)_ボールルーム
Dance Lesson Style(レッスンを受けるとき)_ラテン
これから社交ダンスを始める方

これからボールルームダンスを始める方は下記のような恰好を始めから用意しなくても構いません。
普段着やお仕事帰りの恰好で気軽に始めてくださいね。

Style for Start(これから社交ダンスを始める方)
初心者の方におすすめのダンスシューズ
区切り線

ボールルームダンスを習える場所ボールルームダンスを習える場所

ボールルームダンスはダンススクールやダンスサークルで習うことができます。
どちらもメリットもあればデメリットもあるので、ご予算やご都合のよい時間などを考慮して決めましょう。

ダンススクールはプロの競技ダンサーに習うことができます。
レッスンスタイルはマンツーマンで受ける個人レッスンが基本ですが、グループレッスンをやっているスクールも多くあります。
個人レッスンが高いと感じる方はグループレッスンから始めることをオススメします。

ダンスサークルはボールルームダンスを楽しみたい仲間が集まって、公共施設やレンタルスタジオを借りて活動しています。
地域ごとであったり若い人や中高齢者向けなど、サークルによって参加者に特徴があるので、自分に合ったサークルを選ぶことが重要です。
友達づくりや仲間づくりもしたい方にはオススメです。

ダンスを習える場所_写真
ダンススクール ダンスサークル
レッスン料 ・個人レッスンの場合/25分3,000~6,000円が相場
・グループレッスンの場合/1コマ45~60分
1,000~3,000円ほど
・会費として月3,000円ぐらいが相場
メリット ・自分のペースで習える
・レッスン時間を自分の予定に合わせられる
・正しい動きを基礎から丁寧に習える
・安い
・仲間ができる
・いろいろな人と踊る経験ができる
デメリット ・料金が高い
・先生によっては半強制的にイベントに参加させられることもある
(相性の良い先生を見つけることが大事です)
・自分のペースでできない
・時間を合わせなければならない
・自己流に陥りやすい
・相性の悪い相手とも踊らなければいけない事もある
・人付き合いが苦手な方には合わない
区切り線

東京ボールルームダンスクラブの3つの魅力当ダンスクラブの3つの魅力

1. 現役A級プロの個人レッスンを都内で最も安い料金で受けられます
l_dot

全くの初心者のためのコース、『初めてのボールルームダンスコース』はフロア代を含めても1レッスン(20分)1,000円で受けられます。
コースは全部で5コース。
レベルによってコースを選択出来るので、上達の目安にもなり、費用対効果は抜群です。
ホームページなどで比べていただければわかりますが、都内ではこの料金で受けられる教室は他にはありません。

2. 経験に裏付けされた独自の指導マニュアルで、全くの初心者の方でも確実に上達します
l_dot

私たちは老若男女問わずどなたにも上達する喜びを感じてもらいたいと願っています。
踊る相手をしてあげるだけではなく、着実に上達してもらうことが、私たちの使命と考えています。
ダンス教師歴10年以上、全くの初心者100人以上、計300人以上を指導してきた経験を指導マニュアルとしてまとめました。
そして、すべての生徒がより確実に上達するよう、レッスン内容は日々進化しています。
最新のレッスンをあなたにご提供いたします!

3. 出張レッスンも可能。ご自宅の近くでレッスンを受けたいなどのご要望にもお応えする事ができます
l_dot

私たち達は教室を持たず活動している、フリーのダンスインストラクターです。
ですから、レッスン時間やレッスン場所をあなたのご希望に合わせることが可能です。
都内のダンス教室の場合、営業時間は大抵12時から22時ですが、午前中の方が都合がいいという方にも対応することができますし、自宅の近所で習いたいという方にも可能な限り対応させていただきます。
基本的には日暮里駅近くのファーストプレイス東京という、ダンス練習場でレッスンしています。